読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uehaj's blog

Grな日々 - GroovyとかGrailsとかElmとかRustとかHaskellとかFregeとかJavaとか -

Grails/Groovyでのカバレッジ取得に関してのTIPS

grails groovy

プリミティブ最適化を抑制することでブランチカバレッジをましなものに

Grailsでは、コードカバレッジは以下で取得できる。

しかし、上記を使用した場合、分岐網羅(ブランチカバレッジ)は多くの場合、期待する値が取得できない。この理由の1つは、Groovy 1.8以降で導入されたプリミティブ最適化によって、型がプリミティブかどうかによっての条件分岐を行うコードがGroovyのコード生成器によってバイトコード上生成されているためである。Test Code Coverage Pluginはバイトコードレベルでカバレッジ情報を収集するので、ソース上に表われない暗黙の分岐をカバレッジ率の分母に計上してしまう。そしてその値は一般には100%にすることが困難である。

本来Groovyにおいて、プリミティブ最適化を抑止するためのコマンドラインオプション「--disableopt int」が存在する。しかし、GrailsではGroovyをコマンドラインから起動するわけではなくオプションが指定できない。

この問題の対処の一つは、この記事のリンク先にある、「renataogarcia/disableOptimizationsTransformation · GitHub」のコンパイル結果jarである
DisableOptimizationsTransformation-0.1-SNAPSHOT.jar」をダウンロードし、クラスパスに通すことである。こうすればGrails上でのGroovyの最適化が抑制されるため、ブランチカバレッジが正確に測定できる可能性がたかまる(ただし、ブランチカバレッジが期待する値にならない理由はこれだけが原因とは限らないことに注意*1 )。
なお上記jarをクラスパスに通す方法として以下が考えられる。

  1. 環境変数CLASSPATHに設定
  2. GRAILS_PROJECT/libs配下に置く
  3. jarをpom化してローカル/どこまのmaven repoに置き、testディペンデンシーに記述する

どの方法でも良いが、「試験では最適化抑制をし、プロダクトコードでは最適化する」ということはリスクになるため、テスト時に常に抑制するのは怖い気がする(プロダクトコードでも最適化抑制するなら別だが)。なので、テストのとき常に、ではなく、カバレッジ判定のときだけ一時的な指定をするという意味で1でも良いかもしれない。

なお、上記の設定前後でgrails cleanを実行した方がよい。

*1:具体的にはコントローラのためのAST変換などの適用結果として、分岐文が追加されているときがある。しかし、本ノウハウを適用してノイズを除去した状態にすれば、「ここには分岐はないはず」「ここにラインカバレッジ上は到達しているのに、ここに来てないはずはない」といった類推によって、ブランチカバレッジを目視確認で把握可能である場合も多くなる。経験上。