読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uehaj's blog

Grな日々 - GroovyとかGrailsとかElmとかRustとかHaskellとかFregeとかJavaとか -

Grailsで、tomcatを起動するというだけの目的でファンクショナルテストを設定する方法

grails

Grailsでコントローラの試験を、モックを使わず実際の通信を使って試験したいケースがある。たとえば、Rest APIを開発する場合、Rest APIはブラウザを使用しなくても簡単に呼び出せるものなので、ユニットテストがしたいです。もちろんGrailsにはコントローラをモックで試験する機能があるが、rest APIを呼び出せば済むものを、偽物ですます必然性があまりないと個人的には思う(もちろん試験実施時のtomcat立ち上げ下げのための実行時間を短縮したい、などの関心はありうるが)。

このためにはファンクショナルテストを実行する必要がある(unit/integrationではtomcatはたちあがらない設定になっている)。しかし、Grailsでは、ファンクショナルテストは単にtest/functional配下にテストコードを置くだけでは実行できず、一つなんでもいいからファンクショナルテスト用プラグインを導入しておく必要がある。

Gebの機能は特に使いたくないとしても、たとえばHttpClientなどでRESTの試験だけしたいという場合に、以下の手順でGebを形だけでも導入することで、ファンクショナルテストを行うことができるようになる。

(1) BuildConfig.groovyのdependenciesセクションに以下を追加

      dependencies {
               :
          test "org.gebish:geb-spock:0.10.0"
      }

(2) BuildConfig.groovyのpluginsセクションに以下を追加

      plugins {
                :
        test ":geb:0.10.0"
      }

(3) BuildConfig.groovyでfolkedモードをfalseに設定する

     grails.project.fork = [
          :
         test: false, // ←
         run: [maxMemory: 768, minMemory: 64, debug: false, maxPerm: 256, forkReserve:false],
         war: [maxMemory: 768, minMemory: 64, debug: false, maxPerm: 256, forkReserve:false],
         console: [maxMemory: 768, minMemory: 64, debug: false, maxPerm: 256]
     ]

(4) テストコードをGRAILS_PROJECT/test/functional配下に作成。

ここでのテストコードは、Gebの機能を使う必要はなく、HttpClientなどを使用した通常のSpockコードで良い(もちろんGeb使っても良い)。

(5) テスト実行

     $ grails test-app functional:

上記はbook of gebより。