読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uehaj's blog

Grな日々 - GroovyとかGrailsとかElmとかRustとかHaskellとかFregeとかJavaとか -

本場のGroovyキタコレ

groovy jggug

以下が面白そうなので参加してみますね。今定員の半分ぐらい埋まっているみたい。
ご興味のある方はご検討ください。

Paul King氏特別講演開催決定!
============================

4/19,20に開かれるQConでの講演のため、Groovyの主要コミッタで、"Groovy in Action"の著者の一人でもある、Paul King氏が来日します。

このたび、QConでの講演とは別枠で、4/18にJGGUG向けの特別講演(無料)をしていただけることになりました!

日曜の開催ではありますが、Groovyのコア開発者の方から直接deepなお話をうかがえる(そしてお話もできる!)またとない機会ですので、みなさんぜひふるってご参加下さい。

        • -

Paul King氏特別講演 "Groovy Power Features"

日時: 2010年4月18日(日) 16:30〜18:00頃 (16:00受付開始)
場所: IBM渋谷オフィス
東京渋谷区道玄坂一丁目12-1 マークシティウェスト18階
http://www-06.ibm.com/software/jp/swcoc/guide/tokyo/access.html
費用: 無料
定員: 40名(定員に達した時点で申し込み受付を終了します)
申し込み: 事前登録が必要です。こちらのフォームにご記入下さい:
http://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dElfbEZPMXRtQW1QZkh1Z3drUkZtRXc6MA
当日連絡先: 080-5482-1066 (関谷携帯電話)

●Paulさんご紹介

Paulさんはアジアパシフィック地域を中心に活躍するソフトウェア技術者兼、コンサルタント/メンター/経営者で、特に先進技術やオープンソースがその活動の中心です。多くの国際イベントでも人気のあるスピーカです。

現在は、ソフトウェア技術者向けのプロフェッショナルな教育や開発支援サービスなどを提供する、オーストラリアのブリスベーンにオフィスを置くコンサルティング会社、ASERTのリーダを務めています。

Paulさんは開発初期からGroovyの主要コミッタの一人としてプロジェクトに関わり、多くの貢献をしてきました。Groovyのソースを眺めてみるとGroovyShell, Sql, SimpleTemplateEngine, XmlParser, MarkupBuilderなど多くの重要なクラスでPaulさんの名前が見つかります。

Paulさんについては以下もご覧ください:

* QConのスピーカー紹介
http://qcontokyo.com/speaker_PaulKing.html
* SlideShare
http://www.slideshare.net/paulk_asert
* "Industrial Strength Groovy" (presentation video)
http://www.infoq.com/presentations/Industrial-Strength-Groovy

●講演概要:"Groovy Power Features"

先進のプログラミング機能や高い生産性をJavaにもたらすGroovyが持つ強力な機能のうち、特にホットで興味深いトピックスを厳選し、ライブコーディングなども交えて時間が許す限りお話いただく予定です。

1. Groovyで作るDSL
2. ビルドツール - Gradleを中心に
3. OSGiモジュールシステム
4. 多言語(Polyglot)プログラミング

(QConでの講演内容とはかぶらないものを選んでいます)

※英語での講演となります。有志による簡単なまとめ意訳がつく可能性はありますが、プロの同時通訳などはつきません。

終了後、18時からPaulさんを囲んで懇親会 (実費負担) を開催する予定です。

          • -

日本 Grails/Groovy ユーザーグループ
http://www.jggug.org/

広告を非表示にする